Webサイトを作る前に、考えておきたい「目的」と「ターゲット」

店舗を運営する方や中小企業などの多くは「公式ホームページ」を持っていますが、なかなか「運営」が上手くいっているケースが少ないように思います

例えば、数年前にホームページを作ったままでスマホ表記が見づらくなっていたり。作ってみたものの更新をあまり行わず、古い情報が載ったままになってしまったり。

せっかくホームページを作ったのに、逆に悪い印象を与えてしまう可能性もあったりします。

目的やターゲットを考える

ホームページの役割は、運営している人によって様々。「会社」を知ってもらうために「名刺」の役割を果たしたり、商品を購入してもらうために「通販サイト」として利用したり

どんな役割でサイトを運営したとしても、しっかりとした「ターゲット」「目的」を設定することにより、「ホームページ」を最大限に活用することができます。

「名刺」?それとも「集客」?

ホームページを運営するうえで重要になってくるのが、どのような「目的」なのかということ。「ひとまず会社を作ったから〜」なんてことなら、Facebookのファンページを無料で利用している方が良いかもしれません。

website

今では、老若男女がスマホなどを利用して「検索」する時代。店舗や会社の情報を簡単に調べられるようになったからこそ、「ホームページ」を持っていないと「本当に存在するの?」と思われることも。

「存在」をアピールするためだったり、「名刺」代わりとして「ホームページ」を利用するのなら、常に最新の状態・情報にしておくことが重要となってきます

ターゲットを考える

ある程度の「ターゲット」を想定すると、どのように「集客」するべきなのかが見えてきます。この考え方は「ホームページ」に限ったことではなく、「運営」することにおいても重要なことですけどね

例えば、住宅街で飲食店を運営している場合はメインターゲットを「女性」にすることが主流となっています。その理由としては、学生街やオフィス街と比べると日中の「主婦層」が多い傾向にあるからです。

website

では、「主婦層」に絞って考えたとしましょう。女性のグループが訪れ易い雰囲気を作り、健康に良いメニューを提供するというのも良いでしょう。

「主婦層」に支持されるようになれば、休日は家族で訪れてくれる可能性も増えます。そうなれば、子連れでも来易い環境作りも重要になってきますよね。

これらの事を想定しながら考えると、どんなお店にすれば「主婦層」が好んでくれるのか自ずと方向性が定まってきます。「ホームページ」や「ブログ」においても同じなので、サイトを運営する前に「ターゲット」を考えておくとイメージが定まり易くなります。

関連記事

  1. 「ドメイン」とは?サイトを始める前に知っておきたいポイントを紹介