「ドメイン」とは?サイトを始める前に知っておきたいポイントを紹介

自分でホームページを作成しようと思ったとき、まず悩むのは「ドメイン」「サーバー」ですよね。

「ドメイン」とは、簡単に言うとインターネット上の「住所」のようなもの。アドレスバーを見てみると「○○○○.com」や「××××.co.jp」と書かれている部分が「ドメイン」となります。

このサイトの場合、「ドメイン」は「linkupmusic.jp」と表示されている部分。ネット環境がある状態でアドレスバーに「linkupmusic.jp」と入力するれば、世界中のどこからでも「LINK UP MUSIC」のサイトへたどり着くことができます。

domain

ある意味、「どこでもドア」みたいな感じですね。

そして、もう1つホームページを表示させるのに重要なのは「サーバー」。投稿した記事を保存することができ、その記事を誰でも閲覧できるようにしている「場所」が「サーバー」となります。

「ドメイン」選びのポイント

一昔前は長い「ドメイン」をオススメしないと言われていましたが、今では「お気に入り」やブラウザが自動で保存していることもあるので、長さは関係ないと言われています。そんなに、直接入力することもありませんからね。

でも、サイトのテーマと合っている「ドメイン」を取得する方が、閲覧する人も分かりやすいと言えます

例えば、「花屋」のサイトを閲覧しているのに「hard-rock.com」となっていたら、多くの人は間違ったアドレスを入力してしまったのではないかと思ってしまう場合もあるでしょう。

そうならないためには、連想される単語やお店の名前などと関連する「ドメイン」を考えるようにすると良いですね。

「.com」や「.jp」には意味がある

「.com」「.jp」というアドレスをよく目にすると思いますが、実はこれらには一応意味が含まれているんです。

domain

勘が良い人なら「.jp」は「日本」という意味だということはすぐに分かると思いますが、「.com」の場合は企業や商業を表していたりします。他には、「.org」は非営利団体を表すドメインだったり、「.biz」は主にビジネスを表すのが一般的となっています。

「.com」や「.jp」は個人でも簡単に取得できますが、中には限定されているものもあります

例えば、「.co.jp」や「.or.jp」といったものは個人で取得することができません。「.co.jp」は登記された会社のみ、そして「.or.jp」は特定の法人組織のみが取得可能となるからです。

そのため、これまで何の気なしにアドレスを見ていたと思いますが、ドメインの部分を見るだけでどのような組織であるかを確認することが出来るようになります。

ドメインの種類
登録対象・用途
.com
商業・企業用(誰でも取得可)
.net
ネットワーク用(誰でも取得可)
.org
非営利組織用(誰でも取得可)
.info
情報提供者(誰でも取得可)
.biz
ビジネス利用者(誰でも取得可)
.ac.jp
教育機関用(教育機関のみ取得可)
.co.jp
企業用(登記された会社のみ取得可)
.or.jp
法人用(特定の法人のみ取得可)
.go.jp
国の機関用(政府機関のみ取得可)

使いたい「ドメイン」があるのか確認する

「ドメイン」を取得するというのは、これからずっと付き合っていく「ネット上の住所」なワケですから、考えているだけでワクワクしてきますよね。

しかし、誰でもネットを利用できる現代において、自分が使いたいと思った「ドメイン」はすでに誰かが取得してしまっている場合も少なくありません

そのため、「ドメイン」を扱っているサイトで自分が取得したいものがあるのか確認し、すでに取得者がいる場合には文字の配列を変えたりして案を練ってみましょう。

domain

日本語の「ドメイン」も取得可能ですが、デメリットが目立つということで利用する人は少ないように思います。その理由としては、日本国内でしか通用しないという面や利用できないサーバーがあったりするからです。

そうなると、英数字のみで「ドメイン」を取得する方が良いでしょう。利用できる文字は英数字以外にも、ハイフン(-)を利用することができます

もし既に使われているドメインだった場合、当サイトのアドレスのように「linkup-music.jp」などハイフン(-)を入れてみると購入できたりすることがあります。

まとめ

個人的にホームページやブログを運営してみようという場合には、「.com」や「.jp」で十分だと思います。ただ、取得されている可能性も高いので、思い立ったらドメイン販売サイトで検索して確認してみてください。

関連記事

  1. Webサイトを作る前に、考えておきたい「目的」と「ターゲット」