アレンジ等を担当させていただいた曲がリリースされました!

画像の縮小・圧縮でSEO対策!無料で画像を変換してくれるサイトを紹介

記事を書いていると、自分で撮った「写真」や文面の内容を連想させるような「イラスト」を表示させたい時がありますよね。

WordPress の場合は、「メディアを追加」から投稿に挿入できますし、他の CMS やブログサービスなどでも同じようにして「画像」を記事に入れ込むことができます。

ただ、「画像」というのは情報量が多くてページの読み込みを遅くしてしまう原因にもなります。そうなると、せっかく「記事」に興味を持ってくれたのに読むのを途中でやめてしまうなんて人も出てきてしまいます。

「SEO対策」としても「画像」を軽くすることが重要ポイントの1つとなるので、「画像」を挿入する時はぜひ意識してみてください

まずは画像の大きさを考える

「画像」の大きさは、一般的に「px(ピクセル)」という単位で設定します。「200万画素のカメラ」などという表現なら聞いたことがあると思いますが、この「画素」が「ピクセル」なんです

最近では携帯電話でも1000万画素以上のカメラが当たり前となってきていますが、「ピクセル」にするとどの程度なのかよく分かりませんよね。

多くの人が持っている iPhone を例にすると、約1200万画素のカメラとなっているのでピクセル的には「3968×2976」といったところ。「3968」という数字が、横幅のピクセル数になります。

では、スマホで表示されるピクセル数はいくつだと思います?実は、たったの横幅「300」ちょっとなんです。

では、「3968×2976」の「写真」をサイトに貼り付けていた場合はスマホの表示はどうなるのか。「3968×2976」の見た目は変わらず、重〜い情報量を背負ったまま横幅「300」として基本的には表示されてしまいます

画像の大きさを小さくしてみよう

スマホでは横幅「300」で表示されるんですが、PCの場合はもうちょっと大きくしないと「画質」が悪くなってしまいます。ブログで使う程度なら「800px〜640px」程度。

テーマによってもっと大きな画像の方が良い場合もありますが、できるだけ「1000px」以内に押さえるのが好ましいでしょう

では、どうやって「写真」などを小さくするのか。実は、簡単に縮小させることができる無料のサイトがあります。

画像を縮小する!

その名も、「画像を縮小する!」というサイト。そのまんまです。

使い方は、とっても簡単。「画像」をアップロードした後にサイズを選択し、「縮小する」ボタンを押したら小さくなった「画像」が下の方に表示されるので、あとは自分のPCにダウンロードするだけ。

詳しい使い方はサイトの「How to Use」に書いてあるので、誰でも簡単に利用することができます。ただ、JPEG、GIF、PNGが対象となっているので、他の拡張子になってる素材の場合はできません。

まあ、普通に「写真」をアップするだけなら「画像を縮小する!」で十分だと思います。

参考

画像を縮小する!画像を縮小する!

画像を圧縮する

大きすぎる「写真」を小さくしたところで、次は「圧縮」をしてみましょう。この作業をすると、「画像」の情報量が半分以上は軽くなります

音楽で言えば、「mp3」にする感じと言えば分かりやすいですかね?チラッと聴くと「wav」と何が違うのか分かりませんが、聴き比べると深みがないことに気づく、そんな感じです。

そのため「写真」が重要なサイトの場合は、「圧縮」しない方がやっぱり綺麗です。ですが、ブログや一般的なホームページなどでは「圧縮」した方が「SEO対策」になります

そこで、オススメなのが無料で簡単に「圧縮」できるサイト「compressjpeg.com」。正直なところ、サイト名はよく分からないです。

参考

compressjpeg.comcompressjpeg.com

このサイトでは、JPG、PNG、PDFの「圧縮」を行うことができます。それら以外の拡張子はできませんが、ほとんどの人はこのサイトで十分だと思います。

右中央に拡張子の選択あるので該当するものを選び、「アップロード」ボタンまたは「ドラッグ&ドロップ」で画像をアップロードします。すると、勝手に「圧縮」してくれます。

変換が完了すると「ダウンロード」ボタンが表示されるので、クリックしたら圧縮作業の完了です。簡単ですよね。

画像の大きさや位置を揃える

「圧縮」まで工程を完了させたところで、いよいよ「画像」をサイトに表示させます。その時、表示させる時の「大きさ」や「位置」を統一する方が閲覧者にとって見やすくなります

例えば、「車に乗って富士山へ行ったけど、雨だった」ということを「画像」を交えてブログの記事を作成したとします。

よくない例

pics

友達4人で、久しぶりにドライブ!

pics

向かった先は、日本一の「富士山」!

pics

でも、着いたら雨でした…

MEMO
「画像」の「大きさ」や「位置」に統一感がないと、とっ散らかって非常に見栄えが悪くなります。そうなると、記事も読みにくくなります。

良い例

pics

友達4人で、久しぶりにドライブ!

pics

向かった先は、日本一の「富士山」!

pics

でも、着いたら雨でした…

MEMO
この場合は「画像」も「文章」も全て中央に置いていますが、「大きさ」と「位置」を揃えると統一感が出て見やすくなります。

両方とも極端な例として紹介しましたが、普通のブログで「写真」を載せるなら横幅「800px〜640px」で中央にすると統一感が出やすいです。

この「画像」の「大きさ」と「位置」を意識して載せている人は、意外と少ないです。記事を書くことに慣れてきたら、こういった部分もぜひ意識して見てくださいね。

さいごに

記事内に画像を1枚載せるだけでも、「縮小」して「圧縮」させ、そして「位置」を考えることが「SEO対策」となります。と言っても、何十とある対策の1つにすぎませんがね。

でも、「画像」はページを重くする要因として大半を占めることが多いので、すでにブログなどをやっている人も試してみてください!